×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「雪と指輪」

木枯らしの吹く秋にボクはカフェテラスで 指に合わない指輪を持て余してた

横から伸びた手が想い出をさらって ぴったりだよって無邪気にからかった

悲しみも全てキミがさらってしまったよ 気の早い雪がボクを染め上げる

二人で次の冬も一緒に居たいね 気の早いボクにキミがそっと微笑む